2020年05月31日

「ほほえみつくろ」_上顎が動き出すために:上の前歯が(6)

「ほほえみつくろ」_上の前歯が奥に入っている(その6)

(つづき)上顎が動き出すために


おでこ(額)とあご(オトガイ)を支点にして、
上顎前方移動させます。


口の外の装置は、顔の前に付けますから、
できるだけ視界を妨げず、
快適に過ごせるように配慮します。


カラーにも気を配り、
元気な気持ちを応援します。


メガネにも対応した装置は、
重ねて使えます
(本を読む時にも利用でき、
使用時間を増加することが可能です)。


寝相も考えて、
選びます。


基本的には、
食事と歯ブラシ使用時以外は、
装着すると、効果が早く現れます


コンタクトスポーツ中などは、
安全を優先して使いません。


個々人の必要に応じた、
力の大きさと方向、
顔での高さを調節します。


顔の前にあてがい、
口の中の装置と、
ゴム輪で連結して、
力を伝達します。


外す時は、
先ずゴム輪を取り出し、
力がかからない状態にしてから、
口の外の装置を顔から離します。


使用時間は、
睡眠中+アルファですが、
一日14時間以上とか、
最初の3ヶ月は16時間以上
と言われています。


パジャマを着る前から、
装着しておくと、
いいスタートが切れます。


まず、慣れることです。


仲良しになると、
唾液が垂れることも無くなり、
朝まで外れずに、
過ごせるようになります。


少しずつ、
慣れるようにしてください。


ご家族の応援も、
大切な要素です。


(つづく)

あなたのご希望がかなうよう、
私たちも精一杯お手伝いをいたします。

ご質問はいつでもどうぞ。
気がかりなこと、お問い合わせは、

ホームページはこちらです


にっこり 歯 並び
主役は あなた
Keep it nice and clean!

コツコツ楽しむ

過去と他人は
変えられないが
自分と未来は
変えられる

むりしない
がまんしない
あきらめない

変化も楽しむ

感染
予防可能な
むし歯と入れ歯
posted by ほほえみ at 13:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください