2020年03月19日

「ほほえみつくろ」_歯科矯正学‐歯間削合(6)

「ほほえみつくろ」_歯科矯正学

歯科矯正学とはどのようなものですか?(つづき 改変)

歯科矯正学とは、
歯科学の分枝:部門であり、
歯科矯正学と
顎顔面矯正学(口腔顔面整形外科学)
として、公式には知られています。

歯科矯正学の目的は、
いかなるタイプの不正咬合でも
(簡単に別の言い方をすると
「悪いかみ合わせ」をも)、
治療することです。


あなたに不正咬合があれば、
それは、
あなたの並びや上下の、また、
あるいは、上下のが、
本来あるべき状態で、
きちんと並んではいない
ということを意味しています。

その結果として、
あなたのは真っ直ぐでなかったり、
あなたはかみ合わせが適切にできなかったり、
また、上下の
釣り合いのとれていない状態であったりします。


悪いかみ合わせを、
本来の状態に戻すために、
歯科矯正医―
特別な訓練を受けている、
歯科医師―は、
歯列矯正器や、他の矯正手段
(多くの場合、「装置」と呼ばれている用具を
含みますが)を活用して、
の並びを正していきます。

歯並びや、
それらを支持する組織(歯肉・骨・筋肉など)を
矯正することで、
健康的で、魅力的なほほえみ
繋がって行くのです。


協同作業:
あなたと、
担当の歯科矯正医、
家庭歯科医



健康的な美しいほほえみを達成することは、
チームの努力によります。

歯科矯正医、家庭歯科医、患者さん
(そして、親御さん_患者さんが幼い場合には)、
また、必要に応じて、
他の分野の歯科の専門家たちの。


歯科矯正医は、
歯を矯正し、上下の顎を同調させるための、
専門的知識と
治療計画、
技術を用意します。

家庭歯科医は、
歯と歯肉が清潔で、
健康な状態を保つように、
手助けします。

患者さんは、
歯科医や歯科矯正医の指示を、
しっかりと守り、
注意深く行い、
歯や顎
望みの道筋を、
規定した予定どおりに、
移動するように
協力してください。



歯の衛生はとても大事ですから、
規則正しい家庭歯科医への受診は、
歯科矯正治療中、
6か月毎に
(あるいは、勧められていたならば、もっとたびたび)
必ず続けてください。

患者さんが、
歯科矯正装置を損傷するような食べ物
避けることは絶対に必要です。

患者さんは、また、
治療から最良の結果を
達成するためには、
健康に良い、栄養のある食事を、
摂り続けなければなりません。

申し分ない食事は、
絶対に必要な栄養物を、
歯科矯正治療中は絶えず
作り変えられている
骨や組織に供給しています。



あなたのご希望がかなうよう、
私たちも精一杯お手伝いをいたします。

ご質問はいつでもどうぞ。
気がかりなこと、お問い合わせは、

ホームページはこちらです


にっこり 歯 並び
主役は あなた
Keep it nice and clean!

コツコツ楽しむ

過去と他人は
変えられないが
自分と未来は
変えられる

むりしない
がまんしない
あきらめない

変化も楽しむ

感染
予防可能な
むし歯と入れ歯

posted by ほほえみ at 13:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください