2020年03月15日

「ほほえみつくろ」_歯の削合‐歯間削合(2)

「ほほえみつくろ」_歯の削合

歯間削合

形態や機能、安定性を改善するために、
歯冠幅径を減らすこと



あなたは、
健康的な、新しいほほえみへの
途上にいます。
(つづき)


歯間削合
(あるいは、
ほっそりさせること、
むくこと、
エナメル質削合、
再接触削正、
選択的削合とも、
言われます)は、
あなたの歯並びのために、
追加のスペースを得る方法です。

図では、
不足分の2㎜を、
歯間削合の手順で、
どのように達成できるかを
示しています
(下顎前歯4本:6㎜x4=24㎜、
現状有効スペース:22㎜、
前歯部の重なり3か所を削合⇒22㎜)。


質問と回答

歯間削合は、
わたしの歯や歯肉を
損傷することはありませんか?


あなたの歯と歯肉の健康は、
担当の歯科矯正医にとって、
最大の関心事です。

歯間削合を行ったことのある、
患者さんについての研究は、
その処置によって、
がムシバになり易くなるということは、
ないことを明らかにしています。

さらには、
歯間削合の処置によって、
歯肉が歯肉疾患になりやすい
こともないことが示されています。

時には、
患者さんの中には、
熱さや冷たさ
感じやすい経験を
される方もいらっしゃいます。

概して、
歯間削合の結果は、
だれに対しても肯定的です。


前歯部は、
が載っている、
枠組みを形作っています。

写真やレントゲン検査で、
の特徴を見きわめることは、
歯科矯正治療における
極めて重要な段階です。

あなたのの外観を検査して、
歯間削合が、
適切か、ためになるかどうかを、
担当の歯科矯正医は、
判定します。


ある種の患者さんにおいて、
歯科矯正治療として、
歯間削合を行うことを選択する、
最も重要な理由は、
歯の大きさを減らし、
適切に歯を並べられる様にすることです。

患者さんに関する研究によって、
歯間削合を行ったことのある場合、
その処置が、
をムシバになり易くしたり、
歯肉を歯肉の病気にかかりやすくしたり
することは、ないことが証明されています。


(つづく)


あなたのご希望がかなうよう、
私たちも精一杯お手伝いをいたします。

ご質問はいつでもどうぞ。
気がかりなこと、お問い合わせは、

ホームページはこちらです


にっこり 歯 並び
主役は あなた
Keep it nice and clean!

コツコツ楽しむ

過去と他人は
変えられないが
自分と未来は
変えられる

むりしない
がまんしない
あきらめない

変化も楽しむ

感染
予防可能な
むし歯と入れ歯

posted by ほほえみ at 13:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください