2020年03月03日

「ほほえみつくろ」_ゴム

ゴム弾性体:

あなたのために
引っ張っています


歯科矯正治療がうまく行くのは、
主に二つのことによります:
一定不変の圧力と時間です。

時には、
追加した力も使って、
や上下のを、
適切な位置に移動します。

ゴム弾性体は、
ゴムバンドとも呼ばれますが、
歯や顎を移動するための、
牽引力を有しています。

しかし、
ゴムバンドは、
あなた無しでは、
働くことはありません。

あなたは、
健康的な、美しいほほえみを、
手にしようと取り組んでいますから、
ご自身のゴムバンド
かける場所や使い方について、
注意深く、
担当歯科矯正医の指示に基づいて、
行なう必要があります。


初めのうちは、
ゴム弾性体はあなたの歯を、
敏感にするかもしれません。

それは、
あなたの歯が移動しているからですし、
目的でもあります。

通常、敏感さは、
ただ一日か、二日だけ続きます。

あなたのゴムバンドを、
教えられたように付けないと、
ただただ、敏感さ長く続くようになり、
歯の移動には、
もっと時間がかかるようになります。


あなたのゴムバンドから、
最良の成果を得るためには、
覚えていてください:

1. 毎日、あなたはゴムバンドを
装置に取り付ける責任を有しています。

きっと、教わった通りに掛けて下さい。

2. いつでも、
いくつかのゴムバンドを持っていて下さい。

そうすれば、一本が切れても、
ただちに、取り換えることができますから。

もし、ゴムバンドが少なくなったら、
担当歯科矯正医に電話してもっともらってください。

3. もし、たまたま、一日ゴムバンドを付け忘れたとしても、
次の日も忘れてしまわないように‐

ただ、いつもの指示通りに行って下さい。

4. ゴムバンドは、疲れてきます。

ゴムバンドは張りがなくなったら、
適切な圧力をあなたの歯や顎に供給しなくなります。

そこで、
ゴムバンドを指示されたように取り換えることが
非常に大切になるのです。

たとえ、ゴムバンドが切れていなくても。


(つづく)


あなたのご希望がかなうよう、
私たちも精一杯お手伝いをいたします。

ご質問はいつでもどうぞ。
気がかりなこと、お問い合わせは、

ホームページはこちらです


にっこり 歯 並び
主役は あなた
Keep it nice and clean!

コツコツ楽しむ

過去と他人は
変えられないが
自分と未来は
変えられる

むりしない
がまんしない
あきらめない

変化も楽しむ

感染
予防可能な
むし歯と入れ歯

posted by ほほえみ at 13:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください