2019年12月30日

「ほほえみつくろ」_歯(7)食べると磨く

「ほほえみつくろ」_歯(その7)食べると磨く

(つづき)


食べる時は メ リ ハ リ が大事

食べるときは、
気持ちを込めて味わい豊かに、
しっかり食べる。


ダラダラ食べることは、しない。


歯磨きにも メ リ ハ リ が大切

ムシバになる危険は少なくする。

(部屋の掃除と同じです。

整理整頓をしておけば、
掃除しやすく、ホコリもたまりにくい)

面倒なところ、難しいところから
磨きます。

やさしいところは、
後回し。

きれいになれば、いいのです。


」が少ないと、歯は溶けにくい。
食べ方にも工夫が必要です。

汚れている時間を短くする生活習慣がカギです。


忘れたら、もったいない、歯磨きのコツ

寝ている間は、唾液の量が少ないので、
寝る前の歯磨きは、
最も価値あるタイミングをおさえることになります。


仕上げ磨きは、子どもの手先が器用になる
小学校4年生ぐらいまで、
スキンシップを楽しんでください。


磨き残しに注意するところ

歯ブラシの毛先を活かし、細かく振動させます
(大きく動かすと、毛先が外れ空振りになりやすい。
小さめの歯ブラシ、一本ブラシ〔毛束が一つ〕が便利です)。

歯と歯の間
糸ようじ(フロス)も必要です。
一日一回、時間の取れるときに;
赤信号の時に、自動車内でミラーを見ながらする人もいます
歯間部プラーク除去率:
歯ブラシのみ 61%、
歯ブラシ+フロス 79%、
歯ブラシ+歯間ブラシ 85%
出典:日歯保存誌 2005;48:272-7.より改変)。

歯と歯ぐきの境目
一筆書きの様になぞる、
歯の首(腹?)周りにも目を向け、
かき出す気持ちで行います。

噛み合わせる面のシワやコブ
スジが縦横に走っています。
シワの交差点の場所に深い穴が潜んでいる方もいます
(ムシバ予防にシーラントをていねいに行うこともします)。

尖ったコブは要注意です
(折れないうちに対処します。ご相談ください)。

奥歯の後ろ側
耳の後ろを洗う時と同じです。
ていねいに掃除します。

歯の裏側
前歯の裏は、へこんでいます。
歯と歯の間も、裏側は深い(リアス式海岸みたい)です。
心して、きれいにしましょう。

・重なっている歯のところ
出来れば、糸ようじ(フロス)も使いたいところです。


歯は大事、歯の周りも大切に


(つづく)


あなたのご希望がかなうよう、
私たちも精一杯お手伝いをいたします。

ご質問はいつでもどうぞ。
気がかりなこと、お問い合わせは、

ホームページはこちらです


にっこり 歯 並び
主役は あなた
Keep it nice and clean!

コツコツ楽しむ

過去と他人は
変えられないが
自分と未来は
変えられる

むりしない
がまんしない
あきらめない

変化も楽しむ

感染
予防可能な
むし歯と入れ歯

posted by ほほえみ at 13:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください