2019年12月22日

「ほほえみつくろ」_よくある質問(つづき)

よくある質問

(つづき)

Q.なぜ歯並びや噛み合わせが悪くなるのですか?

A.顎と歯、そして筋肉とのバランスが保たれていないと、
歯並びや噛み合わせは悪くなります。
《バランスが鍵》

・歯の大きさ(巾や厚み)と、
顎の大きさとのバランスが取れていれば、
歯は顎に隙間なく、ゆったりと並んでいます。

ですから、が小さめだと、隙間を生じるか、
狭めの歯並びになります。

* 中には、歯の数が足らない方もいますし、
歯が多過ぎる場合もあります。

また、歯が大きすぎると、
飛び出して、出歯になったり、
重なり合って、でこぼこします。


の大きさも大事です。
上下のバランスもありますし、
どこにあるかという、位置の問題も生じてきます。

上下の顎の大きさが調和し、
前後左右の位置にも問題のないことが必要です。

大きさにアンバランスがあり、
成長が利用できる時期には、
成長を促進したり、
反対に抑制したりします。

この際、成長方向も一緒に考え、
顎の位置、傾きも調整していきます。

成長が終わっている場合には、
外科的に、手術を併用して行なうことが出来ます。


筋肉は、内側に舌、
外側に唇や頬が存在しています。

舌の癖によっては、出歯になったりします。

また、口をキチンと閉じていない場合には、
歯が飛び出したり、顔が長くなったりしやすくなります。

舌の姿勢も大切です。顎の成長や歯並びにも、
大きな影響を与えます。


Q.大人でも治療できますか?

A.歯茎が健全でしたら、いつでも治療できます。
《あなたが主役》

が生えていて、骨の代謝歯ぐきの健康に問題が無い場合には、
年齢には関係なく、いくつであっても歯科矯正治療は可能です。

気になるところ、疑問点をしっかりと理解した上で、
どのような状態にしたいか、
ご希望のゴールは描けていますか?

そこまでの道筋は、見えていますか?


あなたのご希望がかなうよう、
私たちも精一杯お手伝いをいたします。

ご質問はいつでもどうぞ。
気がかりなこと、お問い合わせは、

ホームページはこちらです


にっこり 歯 並び
主役は あなた
Keep it nice and clean!

コツコツ楽しむ

過去と他人は
変えられないが
自分と未来は
変えられる

むりしない
がまんしない
あきらめない

変化も楽しむ

感染
予防可能な
むし歯と入れ歯

posted by ほほえみ at 13:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください