2020年06月27日

「ほほえみつくろ」_子どものお口を守る(3)

(つづき2)


一生おいしく食べるには

子どもの歯を大切に


 20歳までに歯の本数が少ない人ほど、歯を失うスピードが速まります。子どもが身につけた良い習慣は、成人のむし歯と歯周病を阻止します。
 赤ちゃんの時…離乳食は薄味にして甘い飲み物(ジュースなど)と強い甘みは避けましょう。
 歯磨き大好きに育てるためには、歯が生える前の赤ちゃん時期のスキンシップが大切です。
 まずは赤ちゃんを、ふんわりマットに寝かすか抱いて、唇やほっぺを優しくタッチし、快さを伝えましょう。触れられ慣れてくれたら、お口にそっと指をいれて歯ぐきや舌をなで、心地よさそうになったら大成功。やさしい声掛けも大切です。

歯が生えてきたら?
 食べた後のタッチ習慣を作っておいて、ガーゼで歯をはさむようにして歯をぬぐいましょう。慣れてきたら幼児用の小さい歯ブラシで短時間ずつ歯に触れます。
 ポイントは、快適に・怖くしない・痛くしないことです。かかりつけの歯科医院にて、その子に合った磨き方を習うのも有効です。
 いつもは優しい親が、歯磨きとなるとリキむのでは子どもは怖がります。完璧を目指さないで、少しずつ何回かに分けてもよいのです。歯ブラシの毛先が歯ぐきにあたると痛いです。
 歯に対して直角に歯ブラシをあて、小刻みに振動させます。ふんわり快適な場所で、終わったら徹底的にほめる、子どもは快適なことに敏感です。


(つづく)


あなたのご希望がかなうよう、
私たちも精一杯お手伝いをいたします。

ご質問はいつでもどうぞ。
気がかりなこと、お問い合わせは、

ホームページはこちらです


にっこり 歯 並び
主役は あなた
Keep it nice and clean!

コツコツ楽しむ

過去と他人は
変えられないが
自分と未来は
変えられる

むりしない
がまんしない
あきらめない

変化も楽しむ

感染
予防可能な
むし歯と入れ歯

posted by ほほえみ at 13:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする