2020年06月12日

「ほほえみつくろ」_下顎の歯が(3):上の前歯が(14)

「ほほえみつくろ」_下顎の歯が(3):上の前歯が奥に入っている(その14)

(つづき)下顎の歯が後ろへ倒れている(3)


下顎の前歯が奥に倒れているままでは、
かみ合わせが改善して、
上下顎前歯の重なり具合が治った後においても、
下顎前歯が(起き出して)直立し、
外(前方)に出てくると、容易に
上下前歯の噛み方(被蓋)は逆戻りしてしまいます。


それを防ぐために、
下顎の前歯が、
前方に倒れにくい状態にしておきます。


すなわち、
糸切り歯(犬歯)も含めて、
前歯部を同じように直立させて、
前に傾きにくくし、
周りの環境と調和させたゴールを設定し、
養生(保定)します。


後々の安定性を確保するためには、
歯の頭(歯冠)だけではなく、
歯根を含めた歯全体の軸(歯軸)を、
一連の隣の歯同士や向かいの歯並びに対して、
個々人の顎・顔・頭の形(形態)や運動(機能)に調和した
三次元空間において配置する必要があります。


積極的に歯を動かした(動的治療)後には、
その配置状態で、周りの環境と適応し、調和するまで、
支え、観察、調整しながら、
養生(保定)していきます(静的治療)。


せっかく手にした望みの歯並び・かみ合わせ・口元です。


しっかりとフォローして、
末永く希望を確実な形で維持し、
今から未来を満喫してください。


あなたのご希望がかなうよう、
私たちも精一杯お手伝いをいたします。

ご質問はいつでもどうぞ。
気がかりなこと、お問い合わせは、

ホームページはこちらです


にっこり 歯 並び
主役は あなた
Keep it nice and clean!

コツコツ楽しむ

過去と他人は
変えられないが
自分と未来は
変えられる

むりしない
がまんしない
あきらめない

変化も楽しむ

感染
予防可能な
むし歯と入れ歯
posted by ほほえみ at 13:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする