2020年02月18日

「ほほえみつくろ」_お子さんの初めての歯科矯正検査

「ほほえみつくろ」_お子さんの初めての歯科矯正検査

7歳より遅くならないようにしましょう


良好な歯の健康は早くから始まります

親御さんとして、
お子さんには一番いいことをお望みです。

その中には、
健康的な
と、
感じのいいほほえみ
 が、含まれます。


規則正しい歯のケアから始まります。

米国歯科協会のお勧めは、
子どもの(乳)歯が生え始める間に、
お子さんの満1歳のお誕生日までには、
歯科医を訪れることです。

あなたの歯科医は、
歯や顎の発育状況について、
重要な事柄を、
あなたに知らせることができます。

けれども、時には、
ご両親がまず、
歯並びや噛み合わせの不都合に
気が付くこともあります。

全ての子供は、
7歳より遅くならないうちに
歯科矯正検査を受けましょう


美しいほほえみ
一生役立つほほえみは、
お子さんの歯と顎とが、
適切に同調していなければなりません。

‐言い換えると、
健全なかみ合わせ
が、必要です。

お子さんは、
歯科矯正の問題の気付いたら、
歯科矯正検査を受けるように、
ですが、7歳より遅くならないうちに、
と、
米国歯科矯正医協会は勧めています。

その年齢になると、
お子さんの歯は十分に発育していますから、
顎の成長や生え出した歯
どこに微妙な問題があるかを探れます。

お子さんが乳歯(子どもの歯)を
すべて失うまで、
歯科矯正検査を延ばすことは、
不親切な行為となりましょう。

歯科矯正の問題の中には、
早目に発見したならば、
治しやすいものもあります。

7歳より遅くならない内の歯科矯正検査は、
適切な時期に、適切な治療を勧める好機を、
あなたの歯科矯正医にもたらします。

もし、
初期治療が必要とされた場合には、
歯科矯正医は結果を出せますが、
一旦、顔や上下顎の成長が終えてしまった時点では
達成することが出来ないでしょう。

(つづく)


あなたのご希望がかなうよう、
私たちも精一杯お手伝いをいたします。

ご質問はいつでもどうぞ。
気がかりなこと、お問い合わせは、

ホームページはこちらです


にっこり 歯 並び
主役は あなた
Keep it nice and clean!

コツコツ楽しむ

過去と他人は
変えられないが
自分と未来は
変えられる

むりしない
がまんしない
あきらめない

変化も楽しむ

感染
予防可能な
むし歯と入れ歯

posted by ほほえみ at 13:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする