2020年01月07日

「ほほえみつくろ」_レントゲン検査

医療で行なうレントゲン検査は、
身体に影響を及ぼさない線量の範囲の中で行なっています。


お子さんの場合にも、
ご本人の体格に合わせて、
線量を調整してから撮影しますので
ご安心ください。


診断用放射線は身体に全く残りませんから、
体内に残留する放射能(放射性物質)とは違います。


顎のレントゲン検査も、
頭のレントゲン検査も、
胸部のフィルム撮影レントゲン検査の
半分以下の被ばく量です。


顎のレントゲン写真は、
上下顎の一連の歯並び(歯列弓)全体を観察することができ、
特に生え変わりのダイナミックな様相を把握するのには、
最適です

(歯列弓に沿った面で切り取った断層レントゲン写真、
断層面の範囲に含まれる構造物が写ります。

撮影に時間がかかるため、
ジーッとしていないと、顎がぶれて、
ゆがんだ像になってしまいます)。


一枚の写真で見ることができますから、
組み合わせ写真ではありがちな重複を避けられます。


元より無い歯(先天的欠如歯)や足らない歯(欠如歯)、
余分な歯(過剰歯)、
これから生えてくる(出来上がり状況、向き、深さ等)の数
上顎洞の下縁部、顎関節などを検査します。


頭のレントゲン写真
撮影は、
自然な姿勢で(頭を軽く押さえ)、
目線は水平に保ちます。


検査は、
・上下、前後顔面部の比率、形態
・上顎や下顎の位置、大きさ、傾き、形態
・歯列弓の傾き
・上下顎前歯の傾き、突出度
・気道、軟口蓋、扁桃、舌、副鼻腔
・顔面皮膚の外形線、筋の緊張弛緩状態
・口唇の閉鎖性
・椎骨
・姿勢
などに、ついて行います。


また、必要があれば、
追加のレントゲン写真撮影で補います。


レントゲン検査は、
肉眼では分からない体内の状況を
あらかじめ把握して、
現状や原因の解明、治療方針の選択をする際に、
大きな役割を果たしています。


あなたのご希望がかなうよう、
私たちも精一杯お手伝いをいたします。

ご質問はいつでもどうぞ。
気がかりなこと、お問い合わせは、

ホームページはこちらです


にっこり 歯 並び
主役は あなた
Keep it nice and clean!

コツコツ楽しむ

過去と他人は
変えられないが
自分と未来は
変えられる

むりしない
がまんしない
あきらめない

変化も楽しむ

感染
予防可能な
むし歯と入れ歯
posted by ほほえみ at 13:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする