2020年01月05日

「ほほえみつくろ」_バトンのおまけ

バトンの受け渡しには、
タイミングが重要です。


ステキなタイミング

歯の交換時にも、
ステキなタイミングがあります。


先行する乳歯が抜けた後に、
間を置かずに、
次の後続する永久歯が生えてくる、
これが Good timing ! です。


先行乳歯が自然に抜けていれば、
抜け跡には、
後続永久歯の頭(歯冠)が見えているでしょう。


じきに、その永久歯が出てきます。


しかしながら、
やむなく乳歯を抜いた場合には、
抜け跡が残っている状態、
すなわち、骨に穴が空いている間に、
後続永久歯が生えてくる
タイミングを計る必要があります。


後続永久歯の形成状況を、
レントゲン検査で確認し、
歯が出て来る、すなわち動き出すタイミング
考慮しなければなりません。


待ち時間が長くなりすぎると、
抜け跡は、で埋め戻されてしまい、
後続永久歯は骨の中を、その分余計に時間をかけて
移動しなければなりません。



上の前歯が生え変わったけれども、
先行乳歯1本抜けただけでは、
スペースが足らないと、
ねじれている場合があります。


足らないスペースの確保は必要ですが、
ケースバイケースで、
方法はいろいろとあり、
その状況に適した治療を選びます。


生え変わりの大きな流れに乗っていれば、
多少の障害は、取り除けば
問題にはなりません。


個人差がありますから、
気になる点はいつでも、
確かめるようにして、
見守ってください。



中には、
大人の歯(後続永久歯)の数が、
足らない方もいます。

後続永久歯が存在しない場合には、
先行乳歯が自然には抜けないで、
そのまま役目を果たしています。

乳臼歯が残って(乳歯残存)、
小臼歯の代わりに咬合している、
成人の方もいます。

歯の幅は異なりますが、
健全な歯の場合には、
不都合がなければ、
そのまま様子を見ていきます。


あなたのご希望がかなうよう、
私たちも精一杯お手伝いをいたします。

ご質問はいつでもどうぞ。
気がかりなこと、お問い合わせは、

ホームページはこちらです


にっこり 歯 並び
主役は あなた
Keep it nice and clean!

コツコツ楽しむ

過去と他人は
変えられないが
自分と未来は
変えられる

むりしない
がまんしない
あきらめない

変化も楽しむ

感染
予防可能な
むし歯と入れ歯
posted by ほほえみ at 13:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする